保湿」タグアーカイブ

ニキビが気になる時に保湿は必要?

こんにちは、スキンロジカルイノウエですトロ

先週末はちょっと運動すると汗ばむくらいの陽気太陽だったのに、
真冬雪だるまに逆戻りしていますが、皆様お風邪風邪ひきなどひいてないでしょうか?

さて、スキンケアの中でも、保湿は大変重要なケア重要です。
肌の保湿が足りてない状態が続くと、角質はさらに水分を保持しに
くくなり、バリア機能はどんどん低下下がるしていきます。
また、ニキビなどができやすい方はクリームなどで保湿することを
ためらいがちですが、正しく肌の保湿水がされていないとバリア機能を
補おうとして角質保護成分を分裂させ角質層と表皮を硬くバリアしようと
します。

しかしその過程で分裂した保護成分が正しく角質層や表皮に生成され
ないと
、バリア機能が復活しないばかりか、古い角質がはがれにくくなり
結果として毛穴が詰まりやすくなります。

毛穴が詰まると知ってのとおり、ニキビの原因菌とされるアクネ桿菌A・オリゼー
増え酵素を出すことで、結果として炎症を伴ったニキビニキビに発達します。

また、過剰な消毒マキュロンや洗浄掃除は過度に皮膚の水分を奪い、バリア機能の
低下を招くため、肌の角質化やじるし 毛穴の詰まりやじるし ニキビ発生の悪循環循环
を起こしてしまいます。

肌機能を正常に保つには「肌の保湿」はカナリ重要なケアなんですポイント


肌がかゆい、赤い・・・その皮膚炎は花粉が原因かも

皆さまこんにちは、スキンロジカルのイノウエです

3月に入って本番を迎えている花粉の飛散・・・。
花粉症の人にはつらい日々が続いていると思います

花粉症は、ご存知のとおりアレルギー疾患のひとつ
で、体が花粉に対する免疫をもった後に、再度花粉
(アレルギー原因物質=アレルゲン)に接触したとき
に、体内の免疫が過剰に反応して、くしゃみや鼻水、
目のかゆみや違和感など様々な症状が現れます。

このように、一般的には上記のような症状が
「花粉症」として知られていますが、今年特に
多いといわれているのが

「皮膚炎」

です。

通常、花粉症の症状は目や鼻などの粘膜を中心に
現れやすいのですが、今年は花粉の飛散量が多く、
が少ないことも重なって平年以上に皮膚炎が
増えているとのことです。

症状が出やすい部位としてはまぶたの上が多く、
その他にも頬骨、顎、首など、発症部位は赤くなっ
たり痒みを伴ったりします。
基本的には、すでに花粉症を発症している患者さん
に多いそうですが、自覚症状がない潜在花粉症患者
の方もおられるそうです。

花粉症による皮膚炎は、子供から高齢者まで様々な
年齢で発症しますが、とくに20代から50代の女性
に多いそうです。

また、症状として女性のまぶたの上に現れやすい
原因となっているのが、皮膚が薄く、「アイメイク」
とその「メイクを落とす」ことを
繰り返すことで、
肌のバリア機能が壊れ
やすくなり、さらに修復され
にくい
という実情があります。

あまりにもひどいときは、

・眼鏡を併用してメイクの頻度を下げる・薄くする
・すぐに落とせるタイプを使い、強くこすらない
・使用前と使用後の保湿をしっかりとする

など、できるだけ肌に負担をかけず、保湿を中心と
したスキンケアを心がけると症状も現れにくくなり
ます。

季節的にもまだ乾燥が続き、特に今年は冬からの
雨が少なく、肌が乾燥することで肌バリアが壊れ、
花粉がその肌の弱まった部分に触れる機会が
増えたことで、皮膚炎の患者が今年増えた原因の
一つと言われています。

ちなみに、いくつかあるアレルギーの中でも
花粉症のアレルギーはアトピー性皮膚炎と
ほぼ同じで、皮膚に起こる症状は似ています
これは、アトピー性皮膚炎が肌のバリア機能
が正常に働いていないことが原因の一つと
言われていることにも一致しています。

実際にアトピー性皮膚炎の患者さんは、花粉が
アトピー性皮膚炎の擬似因子として働くことで、
この時期症状がひどくなる場合があるという
実例もあるようです。
※アトピー性皮膚炎は他因子疾患なので、全て
において同様ではありません。

花粉症皮膚炎は比較的症状が軽い場合が多く、
基本的に抗アレルギー薬の服用などの花粉症の
対策で症状を和らげることができます。
また、肌のバリア機能を高めるような保湿を
中心としたケアをするように気をつけること
で、花粉に負けない肌づくりをすることも
おすすめです。

肌が炎症を起こして、かゆいと掻いてしまうと
肌のバリア機能の修復が遅れ、色素沈着などにも
つながります。
皮膚炎が気になる場合は、やはり皮膚科を受診
するのが一番です。
薬はアレルギーの型が同一であることからも、
基本的にはアトピー性皮膚炎の塗り薬が処方され
ます。

スギ花粉が終わるとヒノキ花粉とまだ憂鬱な
季節は続きますが、日ごろの保湿ケアを
入念にすることで少しでも快適にこの季節を
乗り切ってみてください

春のキャンペーン中
春爛漫、美白アイテムそろい踏み。
MAX 20%OFFアイテムはこちらから。

スキンロジカル リペアモイストクリーム
肌の水分をしっかりと挟み込むセラミドを高配合し、
保水力のある肌をキープして乾燥から守ります。

保湿成分の「素」を肌に送り込み、イオン導入で
肌の「元」からのレベルアップを
肌をワントーン明るく、人気のマイルドピーリングケア
「ホイップピールパック」プレゼント


水に負けない「流されない保湿」

こんにちは、スキンロジカルイノウエです

関東では遅い雪が降ったり、夏のような日差し
だったりと気温の日があったりと、今年の春は
寒暖差が激しいです

最近では、記録的に雨も少なく天気がいい日が
つづいているので、天気予報には紫外線情報、
町中のドラッグストアには、UVケア商品が
一気に表に並び始めました

ドラッグストアといえば、最近ボディーソープ
ありながら、汚れは落としつつ、潤いは流さず肌に
吸着させることのできる処方の製品が出ています

基本的には基材(化粧品のベース)の組み合わせ
で吸着性を高めている商品ですが、実はそれ
以外にも、「流されない保湿」のキーワードに
つながる成分が入っています。

それは「リピジュア」です

リピジュア」は同種の製品群につけられた
商標で、化粧品成分としての表記(成分表)は
ポリクオタニウム-xx(xxは数字)」
となっています。

リピジュアは、体に存在する「細胞膜の構成
成分」である「リン脂質」を模した成分で、
その結合構造から人の体と親和性(生体適合性)
が非常に高い成分です。
その親和性の高さは、体に使用する医療機器に
リピジュアを塗布することで、体が異物を排除
する際の「生体防御反応」を抑えることが
できるほどです。

身近なところでは、コンタクトレンズの保存
液やケア用品にも使われており、目へ直接
使用する製品にも使用できるほど安全な成分
であるともいえます

また、「洗い流されない」吸着性を持っているため、
最初にお話をしたボディーソープや洗顔料など
の「肌を洗浄する化粧品」との相性が良い成分
でもあります。

洗浄するタイプの化粧品は、汚れを落とすと共に、
肌表面の必要な油分や保湿成分まで多少なりとも
洗い流してしまいます
それが、洗いあがりの「突っ張り感」につながり
ますが、「リピジュア」を配合することで、洗い
あがりでも特有の突っ張り感を抑えることができ
ます。

もともと、角層を保護するリピジュアはその作用に
よる保湿としても優秀で、メジャーな保湿成分の
ヒアルロン酸の約2倍の水分保持能力を持っています。
その角層保護能力は、洗顔後1時間たった後でも
肌からの水分の蒸発を防いで保持し続けることが
できるほどです

また、外部からの刺激や他の成分からのバリア効果を
有しているため、洗浄剤には不可欠な界面活性剤の
刺激をやわらげてくれます

例えば当店では、リピジュアを
ピュアホワイトクレンジングジェル
に配合していますが、5年前の製品には配合して
いませんでした

リニューアル前の商品も現行の商品と変わらず
ウェーターベースのジェルタイプで、肌への
刺激が少なく、他社様のクレンジング商品が
使用できない敏感肌のお客様にも好評いただいて
おりました。
しかし、洗いあがりはさっぱりしているものの、
ツッパリ感やきしむ感じが気になるとお声を
頂戴することがありました。

そこで、リニューアルに合わせてそれまでの配合
成分を見直し、そのうちの新配合の成分の1つと
してFHローションの保湿剤に採用して実績の
あったリピジュアを新配合 しました

こうしてリピジュアを含めた配合成分を調整
することによってツッパリ感やきしむ感じを
抑えつつ、保湿とあわせてさらなる肌への刺激
を低減することができました。

現在スキンロジカルでは、このリピジュアを
FHローション
ピュアホワイトクレンジングジェル
クリアCエマルジョン
に配合しています。

最近は、文頭にもあった洗浄タイプをはじめと
して様々な化粧品にリピジュアが含まれている
商品が出てきています。

「流されないタイプ」の商品を見かけ
たら、成分を見てみるとこのリピジュアこと
ポリクオタニウム-xx
が入っているかもしれません


「かさつく肌」の原因は?

こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

ここのところ、関東は雨。気温も上がらずまるで
冬のような日が続いています。
体調も崩しがちな気候ですが、インフルエンザの
季節も近づきつつあり、予防接種のタイミングも
悩んでいるところです。

さて、皆さまは冬になると「かさつく肌」
気になってきませんか?

肌は、日焼けや乾燥等の刺激を受けると炎症を
起こします。
特に、顔は服などに守られることが少なく、
常に紫外線や風などの環境や、洗顔などの日常
生活により日々刺激を受けやすい部分でもあり、
腹部などに比べても、慢性的に微弱な炎症を
起こしているといわれます。

肌はターンオーバーによって常に新しく生まれ
かわりますが、炎症を起こすとターンオーバーは
乱れて、ガサガサした肌に変わります。
こうなった肌は、肌本来のもつ復元力で正しい
ターンオーバーを取り戻し、正常な状態に戻って
行きます。

しかし、この炎症が慢性化してしまうと、常に
ガサガサした肌となります。

炎症による肌のバリア機能の低下



刺激を受けやすくなる




防御反応によりターンオーバーが異常に速まる




未熟な角化細胞が増え、垢として剥がれにくくなり

肌表面に蓄積する



肌のバリア機能の低下




というように悪循環に陥ります。

冬はとくに湿度の低下・乾燥した風・暖房機器の
使用等の影響で、肌の保水力の低下から、この
炎症を起こしやすく、冬の肌がかさつく原因の
一つとなります。

乾燥によって角層の水分量が低下して、細胞同士を
結合しているデスモソームの分解がスムースに行われ
ないと角層がはがれず肌がくすんで見えたり、
かさついてしまいます。

ピーリングで溜まってしまった角層を取り除き、
アミノ酸などの保水成分を肌に取り込み、
保湿ケアをすることで正常な状態に戻すことが
できます。

なお、炎症がひどい場合は自己判断せずに皮膚科で
医師の診断を受けて下さいね。

古い角質をつなぐ「デスモソーム」の結着を弱めて
泡の力で優しく落とす
スキンロジカル ホイップピールパック

保水成分であり、ほかの保水成分の原料になる数種のアミノ酸を
バランスよく配合して、その産生の助けとなるビタミンCを2種類
配合した「スキンロジカル アミノシーローション」を、電気の
力で効率よく肌へ届ける「」が、セットで
お得なキャンペーン中!!


サクラ・・・・・・ん!?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです
先週のポカポカ陽気ですっかり都内の桜は葉桜に

イノウエは、若緑の綺麗な葉桜も春っぽくてとても好きですが、
今週の極寒寒波がもう少し早くきていれば、今週末もまだお花見
できたのにと少し残念です。

sakura01

さて、皆様は「サクラン」ってご存じですか?
桜の何か?

実はサクランとはヒアルロン酸などと同じ多糖類の一種で、化粧品の
原料にもされる成分です。
名前から見ると桜に何かしら関係のある物であるようにも
見えますが、実は九州のごく一部だけに自生する淡水の藍藻類である
「スイゼンジノリ」(水前寺海苔)から抽出されます。

そして、サクランの語源は「桜」からではなく、スイゼンジノリの学名
「Aphanothece sacrum(アファノテーケ サクラム)」から命名されています。

サクランが化粧品の原料として使用される場合、多くが保湿・保水性分
として配合される成分で、その特徴は天然に存在する分子の中で最大とも
言われている高分子構造です

この高分子構造よって角質層の表面を長時間保湿することができ、その水分
保持力は、保水力の強いヒアルロン酸と比較しても5倍で、またその保水性と
抗炎症作用に注目して医療への応用も進められている成分です。

ちなみに、このサクランの原料であるスイゼンジノリは、弾力があって
珍味としてその昔は将軍家への献上品とされていたそうで、現在でも高級
日本料理の材料として使われていたりするとか。

一度食べてみたいものです

a0001_000015
※写真はイメージです。

さて、サクランの名前の元となったスイゼンジノリの学名であるサクラム
(A.sacrum)は、発見者のオランダの植物学者が、水の綺麗さなど生育
環境が素晴らしかったことから、ラテン語で「聖なる」を意味する
「Sacrum」と命名したと言われています。

しかし、その生育環境の独自性から、自生地は水質の悪化や環境の変化などで
年々数を減らしているそうで、最初に発見された池ではほぼ絶滅、唯一残る川
でも保護活動が進められています

そんな貴重なスイゼンジノリですが、難しいとされた養殖を長年の研究で
成功させたことで、化粧品の原料や食品として安定してスイゼンジノリを
有効に利用することができるようになりつつあります。

桜ではありませんが、日本の固有の生物からの恵みであるサクラン。
今後も注目の成分となりそうですね

sakura02