抗酸化」タグアーカイブ

ビタミンEは不安定、でも効果は一級!!

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
入梅してからいまだに梅雨らしい雨が降らない
東京ですが、通勤が楽な反面このまま雨が
少ないと水不足も心配になってきます。

 

さて、期間限定で販売を行っております、
「スキンロジカル CEローション」
お使いになられましたでしょうか?

CEローションは、ビタミンC誘導体とビタミンE
誘導体をメインに配合したローションです。

もちろん、イオン導入も可能な処方となって
おりますが、配合されているビタミンC誘導体と
ビタミンE誘導体は両親媒性のものを使用して
いるため、肌にただ塗っただけでも水溶性の
成分に比べて肌への浸透が高い性質を持って
います。
※両親媒性・・・水にも油にも溶ける性質

 

ビタミンEは、もともと油溶性の成分で水には
ほとんど溶けません。
水に溶けないため、イオン導入にも利用できない
美容成分でもあります。

また、少量溶けたビタミンEも非常に安定度が
悪くすぐに酸化されて美容効果を発揮することが
できません。

これを水に溶けるように改良し、安定度を高めた
ものが両親媒性ビタミンE誘導体の
TPNa (トコフェリルリン酸ナトリウム)です。

しかし、ビタミンEはビタミンCをはるかに超える
抗酸化力をもつ成分である半面、ビタミンEが安定
しない成分とされるのはその抗酸化力の高さの
表れでもあります。

ビタミンE誘導体のTPNaは、肌に吸収されると
肌に存在する酵素によって誘導体からビタミンE
単体に変化することで、その抗酸化力を発揮します。

例えば紫外線により発生する活性酸素などは
過酸化脂質を発生させ、炎症やターンオーバーの
異常、バリア機能の低下の原因となりますが、
ビタミンEはその抗酸化力の高さで、ビタミンC
よりも早く活性酸素を取り込み無効化することで
肌を守ります。

また、酸素を取り込んで酸化したビタミンEは
ビタミンCによって酸素を取り除かれまたその
抗酸化力を取り戻します。

このような特徴のあるビタミンE誘導体のTPNaは
ビタミンCとも相性が良いものとなっているため、
「CEローション」は両方の成分を配合しています。

なお、成分の品質保持と使用感の改善のため通常の
イオン導入ローションにくらべて粘度が高くなって
いるため、
イオン導入の際は肌に直接「CEローション」を
塗った上に、水や別のイオン導入ローションで
広げたコインマスクをあててイオン導入するのが
おすすめです。

また、使用期限が短いため冷蔵庫で保管の上
できるだけ早くお使いください。

 


秋の香り「金木犀」

こんにちは、スキンロジカルイノウエです
シルバーウィークも終わって、そろそろいつもの
生活が戻ってくるころですが、皆さまはいかがで
しょうか?

日増しに夜が寒く感じられるようにもなり、
秋が深まっていますが、スポーツや読書、食欲と
色々な「」がありますが、「香り」の秋でも
あります。

秋の香りといえば、「松茸」「秋刀魚」「焼き芋」
など、さまざまありますが、この時期に街を歩いて
いると、オレンジ色の小さな花がたくさんついた
木から甘い花の香りが漂ってきます

皆様ご存知の、初秋の花の1つで、秋の季語でもある
キンモクセイ(金木犀)です。
キンモクセイは、木犀科木犀属の銀木犀の変種で、
中国原産の木です。
kinmokusei_s

日本においては、専ら観賞用として庭に植え込み
ますが、原産国の中国では、花茶として飲んだり、
ワインに漬け込んだり、蜜漬けにして調味料
として使用したりと、生活に密接に関わっている
植物です。

中国四大美女として有名な楊貴妃は、このキンモク
セイをワインに漬け込んだ「桂花陳酒」を好んだとも
言われています。
また、楊貴妃はライチが好物であったとも言われて
いるため、このお酒とライチリキュールなどを
混ぜたカクテルは「楊貴妃」と名付けられています。

litchi _s

楊貴妃も愛したキンモクセイは美容にも役立つ成分が
含まれています。
抽出されたエキスには、アクテオシド(ポリフェノー
ル)が含まれており、抗酸化で有名な同じポリフェノー
ルであるレスベラトロールの十数倍の抗酸化力をもっ
ています。

そして、抗糖化成分でもあり、AGEs(エイジス=終末糖化
産物)の形成阻害作用・分解促進作用があるため、アンチ
エイジング成分として少しずつ利用され始めています。

今後の研究にも期待が持てる成分です