APPS」タグアーカイブ

濃度の高さ = 効果の高さ?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
やっとインフルエンザの大流行も陰りが見え
始めていますが、はしかや風疹などがはやって
いるとのことで、なかなか気を休めることも
できない日が続いています。

さて、今回は化粧品に含まれる成分の濃度について。

化粧品にはいろいろな成分が含まれています。
水をはじめとした基材に、肌を健やかに保つために
様々な成分を配合していますが、その成分の
濃度も様々です。

一般的に、成分は濃度が高ければ高いほど
効果があることが多いのですが、実は成分に
より変わってきます。

例えば、当店の商品に多く配合されている
「ビタミンC誘導体」という成分は、肌への
影響に限ると、一定の濃度までは濃度に比例
して上がっていく「濃度依存型」となります。

しかし、それを超えると効果がほとんど変わら
なくなります。
また、濃度が上がれば上がるほど肌への刺激は
強くなり、肌荒れの元となったり、乾燥が強まり
ますので、そういった意味では濃度の高さが
肌トラブルの原因ともなりえます。
つまり、「濃度が高い」ことはかならずしも
「効果が高い」とならないのです。

こういった性状をもつ成分は多く、

「この美容液は〇〇が96%ですごい」
「これは美容成分が少なくて効果がなさそう」

という理由で一概に括ることができません。

その他にも、何種類もある「ビタミンCの誘導体」は、
ベースとなるビタミンCに結合させる成分によって、
それぞれの特徴を持った成分となりますが、実は
ピュアビタミンCに含まれるビタミンCを100%とした時に、
ビタミンC含有率や、吸収された成分が肌でビタミンCに
変換される率がすべて違います。
ビタミンC誘導体が1gに含まれるビタミン量が20%のもので
変換率が50%とすると、ピュアビタミンC1gのに対して
実際には0.1g程度にしかなりません。
※1g x 20%=0.2g(実ビタミンC量) そのうちの50%がビタミンC
になるので、ビタミンCとして働けるのは0.1g)

もちろん、条件などによって大きく変わりますので
乱暴にひとくくりにはできませんが、油溶性のビタミンC
誘導体は濃度が高く配合されていることが多く、水溶性の
ビタミンC誘導体がそれに比べて低いのは価格や効果と
いった部分以外にもこういった理由も関係しています。

さらに、実際に化粧品として製造する場合には、配合
する他の成分との相性やpH、使用目的、安定性、販売
方法など様々な状況から適正な濃度となるように調整
しています。

逆に言えば、原料からご自身で化粧品を作られる場合は
濃度などをある程度自由に変更することもできますが、
反面、上でお話ししたようにリスクも多くなりますので、
販売サイトでの適正な使用方法をきちんと守ることが
重要です。


「板藍根」って読めますか?


こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

全国的に週初めから真冬の寒さになっています
風邪やインフルエンザ、風疹等いろいろな病気が
流行っていますが、皆様は体調を崩したりして
いませんか?

乾燥する季節は、口腔内や喉などがも外気に
さらされやすくなります。そして、風邪などの
ウィルスは低気温・低湿度で活発になります。

こんな乾燥や風邪などによる「のどの痛み」対策
として、イノウエが今気になっているのが、

「バンランコン」

という生薬。漢字で書くと

「板藍根」

「ホソバタイセイ」「タイセイ」といった
アブラナ科の植物の根です
「バンランコン」は漢字の通り、藍色の成分
を持っていてヨーロッパでは染料としても
利用されていたそうです

ちなみに、「タイセイ」も「大青」と「青」
という漢字が入ります。

「バンランコン」は、漢方の本場中国では煎じて
飲んだり、うがいに利用したりして、風邪や
インフルエンザなどウイルスが原因の病気予防や
対処に今でも多く使用されているそうです
この「バンランコン」、英語では「ウォード」と
よばれる止血作用のあるハーブでもあります

今までは、中国の民間療法の域を出ていないと
いわれていた「バンランコン」の病気に対する
作用ですが、最近その作用が「ルペオール」
いう成分によってもたらされていることを、
日本の大学を中心としたチームが発見しました

この「ルペオール」は、ウイルスや悪性黒色腫
(メラノーマ)に対する効果が認められるそうで、
特に悪性黒色腫については、獣医学分野
ですでに臨床が進んでいるそうです。

日本では、まだ医療用生薬として登録されて
いない「バンランコン」ですが、最近はこの
エキスを使用した飴などが販売されているので、
イノウエは「ちょっと喉がなぁ」というときに
予防的に食べていたりします。

飴の他にも、お茶のように飲むものもあります。
これは甘味の薄い「甘草(カンゾウ)湯」のようで
味と香りにクセがありますので、苦手な場合は
黒豆茶やルイボスティーなどと一緒に煮だして
飲むと少し飲みやすくなります

飲むのが苦手な場合は、本場?中国のように
うがいに使用するのもおすすめです。


まだまだ未知な部分もある「バンランコン」
ですが、これからさらに研究が進んでいけば、
もっと注目される成分となるかもしれません

皆様も見かけましたら、冬の風邪対策に試して
みてはいかがでしょうか?

 


トラネキサム酸と肝斑

こんにちは、スキンロジカルの田中です。

今日は、美容に関するお話を・・・

スキンロジカルで、12/1のトラネキサム酸パウダーが発売されました!

【スキンロジカル トラネキサム酸パウダー】 1g×10包 15,660円                                          ↓      ↓      ↓      ↓

トラネキサム酸は、イオン導入に適した成分でもあり、ずっと以前から「トラネキサム酸のイオン導入液を作ってほしい」とのご要望をお客様から頂いていたのです。

美白成分には、ビタミンCを始めとして、アルブチン酸など沢山の成分がありますが、肝斑と言われる独特のシミ(目の周囲や、口も周囲などにぼんやりと左右対称にできるシミ)への効果が期待できる唯一の成分と言われています。通常のシミは、化粧品成分などのほか、レーザー治療などでも改善することができるといわれていますが、今のところ肝斑に効くのはトラネキサム酸だけということです。

けれども、トラネキサム酸を化粧品に原料として使用するには、越えなければならないハードルがいろいろとありました。

・特許の問題

・原料価の問題

・医薬部外品の問題

などなど、当社のようにあまり大きくない化粧品製造会社にとっては、困難な問題がいろいろとあり、開発して商品化することは、正直言って無理かと思っていました。

現在でも、トラネキサム酸を配合した化粧品はまだまだ少ないですよね?それは、こんな事情があるからなのです。

 

ところが、化粧品の「原料」として、パウダーで販売し、ご購入者自身で水に溶かして化粧水を作っていただくという形をとることで、上記の3つの点をクリアーすることができたのです!

さらには!市販で販売されているトラネキサム配合のローションは、配合量が3%と決まっています。スキンロジカルの原料パウダーで作れは、濃度をご自由に調節することができます。(推奨は1g/20mLの4%)

品質を保つための、あれやこれや成分も一切配合していない、純粋なトラネキサム酸だけのの水溶液が作れるのです。

いいことだらけ!

 

少し話が変わりますが、飲むタイプのトラネキサム酸をご存知ですか?

薬局へ行けば販売していますし、美容クリニックなどでも処方しくれます。

これが結構お値段がするうえに、もう一つ厄介な問題があるのです。

トラネキサム酸の働きに「プラスミンの働きを阻害」することで、美白をいざなうのですが

その副作用として、プラスミンは血栓を溶かす働きがあるのですがそれが鈍るため、「血栓ができやすくなる可能性がある」ということなんです。

血栓ができたら・・・心筋梗塞や脳梗塞など、重篤な病気になる可能性もあるのです。

怖いですね。

ですから、飲むトラネキサム酸は医師の処方や薬剤師の説明が必要な薬に指定されているんです。

 

こんな副作用も、化粧品として肌につけるのであれば、まったく起こることがありません。

 

私も、肝斑を含むシミがとても気になっていて、トラネキサム酸パウダーのイオン導入と錠剤の飲用を併用しています。before→afterを記録していないのが残念ですが、目の周りの肝斑が以前よ薄くなってきました。

ちなみにこちらは、飲用しているトラネキサム酸です。(市販のもの)

 

※おススメしているわけではありません。←これ重要

 


夏の紫外線ケアに高濃度ビタミンCの力!! 今ならまとめ買いで15%OFF!!

お持ちの美顔器下取りで「ブロードイオントライアルセット」が
なんと 22,000円 で購入できる!!
下取り美顔器は、ハンディ型であれば付属品がなくても、壊れててもOK


ビタミンEは不安定、でも効果は一級!!

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
入梅してからいまだに梅雨らしい雨が降らない
東京ですが、通勤が楽な反面このまま雨が
少ないと水不足も心配になってきます。

 

さて、期間限定で販売を行っております、
「スキンロジカル CEローション」
お使いになられましたでしょうか?

CEローションは、ビタミンC誘導体とビタミンE
誘導体をメインに配合したローションです。

もちろん、イオン導入も可能な処方となって
おりますが、配合されているビタミンC誘導体と
ビタミンE誘導体は両親媒性のものを使用して
いるため、肌にただ塗っただけでも水溶性の
成分に比べて肌への浸透が高い性質を持って
います。
※両親媒性・・・水にも油にも溶ける性質

 

ビタミンEは、もともと油溶性の成分で水には
ほとんど溶けません。
水に溶けないため、イオン導入にも利用できない
美容成分でもあります。

また、少量溶けたビタミンEも非常に安定度が
悪くすぐに酸化されて美容効果を発揮することが
できません。

これを水に溶けるように改良し、安定度を高めた
ものが両親媒性ビタミンE誘導体の
TPNa (トコフェリルリン酸ナトリウム)です。

しかし、ビタミンEはビタミンCをはるかに超える
抗酸化力をもつ成分である半面、ビタミンEが安定
しない成分とされるのはその抗酸化力の高さの
表れでもあります。

ビタミンE誘導体のTPNaは、肌に吸収されると
肌に存在する酵素によって誘導体からビタミンE
単体に変化することで、その抗酸化力を発揮します。

例えば紫外線により発生する活性酸素などは
過酸化脂質を発生させ、炎症やターンオーバーの
異常、バリア機能の低下の原因となりますが、
ビタミンEはその抗酸化力の高さで、ビタミンC
よりも早く活性酸素を取り込み無効化することで
肌を守ります。

また、酸素を取り込んで酸化したビタミンEは
ビタミンCによって酸素を取り除かれまたその
抗酸化力を取り戻します。

このような特徴のあるビタミンE誘導体のTPNaは
ビタミンCとも相性が良いものとなっているため、
「CEローション」は両方の成分を配合しています。

なお、成分の品質保持と使用感の改善のため通常の
イオン導入ローションにくらべて粘度が高くなって
いるため、
イオン導入の際は肌に直接「CEローション」を
塗った上に、水や別のイオン導入ローションで
広げたコインマスクをあててイオン導入するのが
おすすめです。

また、使用期限が短いため冷蔵庫で保管の上
できるだけ早くお使いください。

 


リン酸型以外のビタミンC誘導体

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです

雨が続く梅雨の季節になりました。
憂鬱な時期と思われる方も多いですが、適度な雨の音は
ヒーリング効果もあり、アジサイをはじめ多くの花が咲き、
夏の野菜や果物などが出回り始める季節でもあります

・・今から楽しみです

と、季節のお話は置いて・・・

最近こんな話がありました。

ビタミンC誘導体で「リン酸型」以外のものって無いの?

当店のアミノシーローション・VCローションを始め

「ビタミンC」

を配合している商品にはすべて

ビタミンC「誘導体」(プロビタミンC)

が使われています。
ビタミンCは、非常に酸素と結びつきやすい成分で、その
特徴により肌内に存在する活性酸素と強く結びつき(=酸化)、
自身が酸化することで活性酸素を無力化します

しかし、ビタミンC(ピュアビタミンC)はそのままの形では
肌のバリア機能に阻まれ、肌に浸透しにくく、空気中に
存在する酸素と結合して、ビタミンC本来の力を失います

そこで登場したのがビタミンC「誘導体」です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンC(ピュアビタミンC)の
性質を残したまま分子構造を一部変更(誘導体化)することに
よって、酸素に対して不安定であるビタミンCの安定を高めた
成分です。

このビタミンC誘導体はビタミンCの酸素が結合しやすい部分に、
別の成分を結合させることでビタミンCと酸素が結びつくことを
防ぎます。

つまり、くっつく所に先にバリアを張ってしまうわけです

この際に結合させる別の成分が「リン酸」である場合は
「リン酸型ビタミンC誘導体」となります。

AP

ビタミンCは、リン酸型のビタミンC誘導体となる事によって、
安定しますが、当然そのままの形では、ビタミンCの最大の
長所でもあり短所でもある、酸素と結びつきやすい部分に
リン酸が結合しているため、活性酸素を取り込み無力化
する等、ビタミンC本来の効果を発揮することができません。
「リン酸型ビタミンC誘導体」から
「ビタミンC」と「リン酸」へ分解
しかし、肌に取り込まれたリン酸型ビタミンC誘導体は、人の体内に
豊富に存在するフォスタファーゼ(ホスタファーゼ)という酵素によって
「ビタミンC」「リン酸」に分解されます。

分解されたビタミンCは肌内でピュアなビタミンCとして、その効果
を発揮します。

肌内ではじめて「リン酸」のバリアが取られるので空気中の酸素と結合
することなく、活性酸素を取り込むことができるのです。

また、リン酸はごく少量であり、もともと体内に存在する物質のため
肌に影響を与えることはありません
ビタミンC誘導体として「リン酸型」以外にも、

・水溶性であるビタミンCを油溶性を持たせて、浸透率を上げ、
クリームなどに配合しやすいように、テトラヘキシルデカン酸を
結合させた
「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)」

・油溶性の浸透性を持たせながら、化粧水等の水溶液にも配合を
可能にするために、リン酸とパルミチン酸を結合させた
「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」

・ビタミンC独特のつっぱり感を押さえるために、保湿成分の
グリセリンを結合させた
「グリセリルアスコルビン酸(VC2G)」

など、その用途によって様々なビタミンC誘導体が存在します。
誘導体は、結合させる成分によって浸透スピードや切り離しに必要な
酵素の種類や数が違うため、効果を発揮するまでの時間や、効率が
変わっています。
弊社のイオン導入用化粧水に使用しております誘導体は、
イオン導入に最適で、体内でビタミンCに戻るスピードの早い

「アスコルビルリン酸Na」「リン酸アスコルビルMg」

の2種類の「リン酸型」ビタミンC誘導体を主に配合しています。
化粧品や医薬品の新成分開発や研究も日進月歩

スキンロジカルでも新しいビタミンC誘導体の可能性を、安全性を第一に
効果、そしてイオン導入との相性などを検討して、新商品やリニューアル
商品に役立てて行きたいと思っています