APPS」タグアーカイブ

デキる成分 ビタミンE誘導体

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。

早速ですが、期間限定で販売を行っております、
「スキンロジカル CEローション」
が残り少なくなってきております。
今回はその「CEローション」に含まれる目玉成分の1つ
ビタミンE誘導体※ についてのお話です。
※トコフェリルリン酸ナトリウム(TPNa)

誘導体の素となるビタミンEは、肌内で紫外線などに
より発生する「活性酸素」を取り込み、それによる
様々なトラブルを防ぐ力に優れています。

しかし、活性酸素を取り込む力は、酸素を強力に
とりこみ、ビタミンE自体が酸化するということでも
あります。
これは、ビタミンEが成分として不安定であると
いうことにもなります。
酸化すると、ビタミンEは抗酸化力を失ってしまう
ため、今までは配合が難しい成分でもありました。

ビタミンE誘導体は、ビタミンEの酸化しやすい部分に、
リン酸ナトリウムを結合させカバーすることで、安定
性を向上させると共に、もともと油にしか溶けない
ビタミンEに、水にも溶ける特徴を持たせています。

リン酸ナトリウムでカバーされた部分は、肌に存在する
酵素の力で外され、肌内では純粋なビタミンEとして力
を発揮します。

ビタミンEになることで、その強力な活性酸素の除去
効果を発揮し、活性酸素による肌のバリア機能の低下や
それによる乾燥肌、敏感肌の改善、ターンオーバーの
異常などを防ぐことができます。
そのため、ビタミンE医薬部外品の成分としても
使用されています。※肌荒れ防止

なお、活性酸素を取り込んだビタミンEは、そのまま
では効果を発揮することはできなくなりますが、ビタ
ミンCなどの他の抗酸化成分により、再度その力を取り
戻し新たに活性酸素を除去できるようになります。

 

スキンロジカルでは、この強力な抗活性酸素成分とも
いえるビタミンE誘導体を配合した「CEローション」を
限定商品として販売しております。

ビタミンE誘導体にプラスして、相性の良いビタミンC
誘導体も配合。
ビタミンCは乾燥感の少ないAPPS(パルミチン酸リン酸
アスコルビル3na)を配合しています。
ヒアルロン酸などと合わせて少しとろみのある感触で
乾燥を感じる今の時期に使いやすい美容液のような
ローションです。

ビタミンE誘導体は水に溶けるとイオン化するため、
イオン導入にもご使用いただけますが、粘度があるため
コインマスクにしみ込みにくくなっています。
ブロードイオンでのイオン導入の際は肌に直接
CEローションを塗った上に、水や別のイオン導入
ローションで広げたコインマスクをあててイオン導入を
行ってください。
本体のコットンプレートにコットンをはさんで利用
することもできます。

また、ビタミンE誘導体・APPS共に通常の水溶性・油溶性
ビタミンCに比べて肌への浸透率は高いため、そのまま
肌に塗るだけでも利用いただけます。

朝や、イオン導入をする暇がない時は、塗るだけケアも
ぜひお試しください。

なお、限定数がございます。売り切れの際はご容赦下さい
ますようお願いいたします。

スキンロジカル CEローション 100mL
https://www.sophia-cosme.com/SHOP/ce_100.html

人気のビタミンC誘導体「APPS」の特徴を活かすスキンケア

こんにちは、スキンロジカルです!

今年最後のブログ更新です。

 

今回は、スキンロジカルの代名詞とも言える、

美肌作りには欠かせない「ビタミンC誘導体」についてお伝えします。

 

ビタミンC誘導体にも、いくつかの種類があり

少しずつその特徴が異なります。

違いを知ることでアイテム選びやお手入れの際使い分けがしやすくなりますので

ぜひ参考になさってください。

APPSは、イオン導入をやっていてビタミンCの重要性とデリケートさを理解されている方なら

その高機能さが良く分かる優秀な成分です

 

今回は、現在キャンペーン中の商品

スキンロジカル CEローション

 

スキンロジカル TAパウダー

この2つの商品に配合されているビタミンC誘導体<APPS>について

わかりやすくお伝えします。

 

★ビタミンC誘導体<APPS>★

表示名:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

APPSは略称で、「アプレシエ」はAPPSを製造している原料メーカーの商品名です。

 

 

★人気のビタミンC誘導体<APPS>の特徴

進化型ビタミンCとも言われているAPPSの特徴は次の2つあります。

・高い浸透性

・両親媒性(水溶性と油溶性のどちらの性質も持っている)

 

★「高い浸透性」でイオン導入不要?

APPSの特徴は、なんといってもその浸透性の高さです。

化粧水中の美容成分は肌につけただけでは、肌のバリア機能に阻まれて真皮層までたどりつくことができません。

そのため、スキンロジカルではイオン導入という電気の力を使ったスキンケアで浸透させることをおススメしているわけです。

ところが、APPSはその高い浸透性で塗っただけでも真皮層まで到達することが可能です。

APPSならばイオン導入は不要とも言えます。

だからイオン導入をしないとき、(例:イオン導入は夜だけで朝は時間がないからできない場合など)は、 ビタミンCを肌の真皮層に届けるのにはこのAPPSが最適なのです。

※ただし、ビタミンC(アスコルビン酸)の含有量はAPSやAPMといったポピュラーなビタミンCよりも少なく比較すると60%程度になります。

 

★「両親媒性」で肌に馴染みやすい

水溶性と油溶性のどちらの性質も持っているため、肌に馴染みやく

つけた後の肌の質感が「しっとり」しているのも特徴です。

肌に水をつけたときと、油をつけたとき

どちらがしっとりとしますか?

やはり油をつけたときですよね?

それと同じ原理です。

APSやAPMなどのビタミンCを配合したイオン導入化粧水

例えば【スキンロジカル アミノシーローション】や【スキンロジカル VCローション】

はビタミンC以外の成分(保湿成分など)を殆ど配合していないので、つけた後の感触はとてもサッパリしています。

 

APPSを配合している場合、例えば【TAパウダー】を水に溶かしただけで肌につけた場合でも

しっとりとした感触が感じられます。

 

★[APPSを肌につけるだけ VS APS&APMでイオン導入]どちらが真皮層に多くビタミンCが到達する?

A:肌につけただけでも高浸透のAPPSを塗布する

B:APSやAPMをイオン導入する

この2つの方法を比べたとき、ビタミンCがより多く真皮層まで到達するのはどちらでしょうか?

答えはB

どんなに浸透性が高くても、自然の浸透と電気を使って浸透させるのでは、その強制力には勝てません。

また、APPSはビタミンCの含有量が少な目というのも難点だからです。

 

それでも、ビタミンCを肌につけるだけよりもずっと肌に浸透できるAPPSは

忙しくて毎回イオン導入できない人には、美肌の救世主ともいえる高性能な美肌成分です。

 

★忙しい朝の手早い浸透にピッタリ!冬のしっとり肌にもピッタリ!<APPS>

ビタミンC特有の使用感も和らぎ、しっとりとした感触で冬の肌を柔らかく保湿してくれます。

ぜひ、APPS配合の商品を普段使いにもお使いください。

↓数量限定商品です!残りわずかとなりました↓

【スキンロジカル CEローション】

 

↓冬のキャンペーンで35%OFF バリエーションも豊富に!↓

【スキンロジカル TAパウダー】

 

 

冬の外出前は「保湿ケア」を

みなさまこんにちは、スキンロジカルイノウエです

2020年に入ってすでに1月が過ぎようとしています。
早いです

今冬は暖冬であることを感じる、冬とは思えない暖かい日が多くありますが、
暖かくても冬は冬。乾燥は続き、暖房を入れた室内では20%台になることも
あります

自宅であれば、加湿器や洗濯物の室内干しなどである程度湿度の調整が
できますが、外やお出かけ先では思った通りに湿度管理ができません。

重要なのは、普段のお手入れはもちろん、

お出かけ前にもしっかりとした
保湿ケア

をして乾燥から肌を守りましょう

イオン導入で美容成分を肌に送り込むことができればより良い保湿ケアが
できますが、お出かけ前だと時間もなく、そこまで手が回らないのも
事実です

そんな時は、イオン導入ローションを肌につけて、クリームなどでケアする
のも良いですが、塗るだけでもより保湿を求めたいときにオススメなのが、
期間限定で発売しているCEローションです。

CEローション」は、当店の導入ローションや美容液と違い、とろみのある
テクスチャーとなっており、肌につけるだけでもその保湿感を得られるよう
になっています。
肌に塗りこむと浸透していきますので、保湿を完璧にしたい場合は、その後に
クリームを重ねることでよりしっとりとした肌が持続します。

よく、クリームを付けたあとにファンデーションをつけると、
カスのようなものが出ることがあります。
これは垢などではなく、クリームとファンデーションの成分が混ざり合う
ことでダマのようになったものです。
これを防ぐには、クリームを付けた後にしっかりと肌に浸透させて、
時間をおいてからファンデーションを使うと出にくくなります。

また、ファンデーションは塗り伸ばしたりこするように使わず、
肌にポンポンと乗せるように使う
ことで、カスのようなものが

出にくくなり、さらに毛穴をうまく隠すこともできます。

まだまだ乾燥した季節が続きます。
外出時に「カサカサ」を感じる場合は、外出前の「保湿ケア」を
一度見直してみてはいかがでしょうか

 

スキンロジカル CEローション 100mL
肌なじみの良いビタミンCビタミンEの誘導体であるAPPSTPNa
配合したプレミアムなローションです。
まるで美容液のようなとろみのあるテクスチャーで、肌に塗るだけでも、
保湿感を得られ、ビタミンCやビタミンEの浸透性も上がっています。
もちろんイオン導入も可能となっています。
※数量限定商品となっておりますので、売り切れの際はご容赦ください
ますようお願いいたします。

濃度の高さ = 効果の高さ?

こんにちは、スキンロジカルのイノウエです。
やっとインフルエンザの大流行も陰りが見え
始めていますが、はしかや風疹などがはやって
いるとのことで、なかなか気を休めることも
できない日が続いています。

さて、今回は化粧品に含まれる成分の濃度について。

化粧品にはいろいろな成分が含まれています。
水をはじめとした基材に、肌を健やかに保つために
様々な成分を配合していますが、その成分の
濃度も様々です。

一般的に、成分は濃度が高ければ高いほど
効果があることが多いのですが、実は成分に
より変わってきます。

例えば、当店の商品に多く配合されている
「ビタミンC誘導体」という成分は、肌への
影響に限ると、一定の濃度までは濃度に比例
して上がっていく「濃度依存型」となります。

しかし、それを超えると効果がほとんど変わら
なくなります。
また、濃度が上がれば上がるほど肌への刺激は
強くなり、肌荒れの元となったり、乾燥が強まり
ますので、そういった意味では濃度の高さが
肌トラブルの原因ともなりえます。
つまり、「濃度が高い」ことはかならずしも
「効果が高い」とならないのです。

こういった性状をもつ成分は多く、

「この美容液は〇〇が96%ですごい」
「これは美容成分が少なくて効果がなさそう」

という理由で一概に括ることができません。

その他にも、何種類もある「ビタミンCの誘導体」は、
ベースとなるビタミンCに結合させる成分によって、
それぞれの特徴を持った成分となりますが、実は
ピュアビタミンCに含まれるビタミンCを100%とした時に、
ビタミンC含有率や、吸収された成分が肌でビタミンCに
変換される率がすべて違います。
ビタミンC誘導体が1gに含まれるビタミン量が20%のもので
変換率が50%とすると、ピュアビタミンC1gのに対して
実際には0.1g程度にしかなりません。
※1g x 20%=0.2g(実ビタミンC量) そのうちの50%がビタミンC
になるので、ビタミンCとして働けるのは0.1g)

もちろん、条件などによって大きく変わりますので
乱暴にひとくくりにはできませんが、油溶性のビタミンC
誘導体は濃度が高く配合されていることが多く、水溶性の
ビタミンC誘導体がそれに比べて低いのは価格や効果と
いった部分以外にもこういった理由も関係しています。

さらに、実際に化粧品として製造する場合には、配合
する他の成分との相性やpH、使用目的、安定性、販売
方法など様々な状況から適正な濃度となるように調整
しています。

逆に言えば、原料からご自身で化粧品を作られる場合は
濃度などをある程度自由に変更することもできますが、
反面、上でお話ししたようにリスクも多くなりますので、
販売サイトでの適正な使用方法をきちんと守ることが
重要です。

「板藍根」って読めますか?


こんにちは、スキンロジカルイノウエです。

全国的に週初めから真冬の寒さになっています
風邪やインフルエンザ、風疹等いろいろな病気が
流行っていますが、皆様は体調を崩したりして
いませんか?

乾燥する季節は、口腔内や喉などがも外気に
さらされやすくなります。そして、風邪などの
ウィルスは低気温・低湿度で活発になります。

こんな乾燥や風邪などによる「のどの痛み」対策
として、イノウエが今気になっているのが、

「バンランコン」

という生薬。漢字で書くと

「板藍根」

「ホソバタイセイ」「タイセイ」といった
アブラナ科の植物の根です
「バンランコン」は漢字の通り、藍色の成分
を持っていてヨーロッパでは染料としても
利用されていたそうです

ちなみに、「タイセイ」も「大青」と「青」
という漢字が入ります。

「バンランコン」は、漢方の本場中国では煎じて
飲んだり、うがいに利用したりして、風邪や
インフルエンザなどウイルスが原因の病気予防や
対処に今でも多く使用されているそうです
この「バンランコン」、英語では「ウォード」と
よばれる止血作用のあるハーブでもあります

今までは、中国の民間療法の域を出ていないと
いわれていた「バンランコン」の病気に対する
作用ですが、最近その作用が「ルペオール」
いう成分によってもたらされていることを、
日本の大学を中心としたチームが発見しました

この「ルペオール」は、ウイルスや悪性黒色腫
(メラノーマ)に対する効果が認められるそうで、
特に悪性黒色腫については、獣医学分野
ですでに臨床が進んでいるそうです。

日本では、まだ医療用生薬として登録されて
いない「バンランコン」ですが、最近はこの
エキスを使用した飴などが販売されているので、
イノウエは「ちょっと喉がなぁ」というときに
予防的に食べていたりします。

飴の他にも、お茶のように飲むものもあります。
これは甘味の薄い「甘草(カンゾウ)湯」のようで
味と香りにクセがありますので、苦手な場合は
黒豆茶やルイボスティーなどと一緒に煮だして
飲むと少し飲みやすくなります

飲むのが苦手な場合は、本場?中国のように
うがいに使用するのもおすすめです。


まだまだ未知な部分もある「バンランコン」
ですが、これからさらに研究が進んでいけば、
もっと注目される成分となるかもしれません

皆様も見かけましたら、冬の風邪対策に試して
みてはいかがでしょうか?